理学療法

小松ソフィア病院 | 理学療法

理学療法とは

理学療法とは病気、けが、高齢、障がい などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動や体操、温熱などの物理的手段を用いて行われる治療法です。

 

当院での理学療法について

当院では、入院リハビリ、外来リハビリ、訪問リハビリ、その他 健康増進活動を用いて切れ間のないリハビリを提供しています。

入院中はリハビリテーション医の指示のもと早期介入を実施し、早期の在宅復帰を目指します。退院後は安心して在宅生活が送れるよう訪問リハビリ、外来リハビリにてフォローを行います。またケアマネジャーと連携し必要に応じた介護保険サービスの利用の助言・相談を行います。

訪問リハビリは転倒の不安やおそれがある方、高次脳機能障害や認知症などにより在宅復帰に不安がある方、社会参加に取り組みたい方などに手すりや段差解消の助言、歩行・入浴・トイレなどの動作練習、家族に介護方法の指導を行います。

外来リハビリは、整形外科疾患により痛みがある・関節の動きがよくない方、神経疾患・脳血管疾患により歩きにくい・身体が動かしにくい方などに徒手療法、体操指導、器具運動などを行います。

また地域で健康で過ごせるよう新イオンモール小松にて体操教室、イオンウォーキングなどの健康増進活動を行っています。

 

体制

理学療法士 6名

 

リハビリテーション開始の流れ

 

外来リハビリ:

下記の科の医師による診察を受けてリハビリ実施の相談をお願いします。

 

整形疾患(骨・関節・筋肉由来の疾患・疼痛・動きが悪いなど)の患者

➝整形外来:毎週水曜午後、毎週金曜午後

 

整形疾患以外の患者

➝リハビリテーション外来:毎週月曜午後

 

訪問リハビリ:

下記の連絡先に問い合わせ下さい。

小松ソフィア病院 代表(0761-22-0751)