呼吸器系検査

肺機能検査

肺活量をはじめ、短時間にどれほどの空気を肺から吐き出すことが出来るかを調べることにより肺の状態が解ります。気管支喘息・肺結核・肺ガン・肺線維症なとの病気を知ることかできます。

可逆性テスト

気管支を拡げる薬を吸入して、その前後の肺活量を測定します。
気管支喘息かどうか調べることができます。

血液ガス分析

肺の機能を調べる検査で、動脈血を取って血液中の酸素の濃度(酸素分圧)や炭酸ガスの濃度(炭酸ガス分圧)を測定します。