手洗い教室を行いました

10月17日(木)にイオンモール新小松2階のソフィアテラスにて

手洗い教室を行いました。

 

この季節、インフルエンザを予防するための手段として

しっかりとした手洗いが必要となります。

 

今回は、普段の手洗いでどの部分に汚れが残っているかを確認し、

正しい手洗いの方法を実践してみました。

 

①まず手に蛍光塗料を塗ります。

全体的に青白く光っている部分が汚れやウイルスだと

思ってください。

 

 

②その後いつも通りの手洗いをしてもらいます。

 

 

③ブラックライトで確認してみると・・・

まだ爪の周りや指の間などに光っている部分が

残っているのがわかります。

普段、この状態で料理をしたり、物を食べたりすると

インフルエンザなどのウイルスに感染する恐れがあります。

 

参加者の方々も、「爪に汚れがこんなに残っているとは

思わなかった」「これからもう少し丁寧に洗いたい」

など、手洗いの重要性に気づいていただけたようでした。

 

これからさらにインフルエンザが流行してくると思います。

予防接種の他に、手洗い、うがい、マスクの着用などで

ウイルスを防御しましょう。

 

ソフィアテラスでは来月も手洗い教室を行う予定です。

お気軽にご参加ください。

 

●お問い合わせ●

ソフィアテラス

TEL  0761-46-5382

アーカイブarchive

関連リンク : 金沢大学附属病院NPO Team DiET国際メディカルフットケア協会IMO 国際医療協会がんとむきあう会