人工透析

さまざまな原因によって腎臓の働きが低下すると、体内の老廃物や水分が尿として排泄されなくなります。(慢性腎不全)腎臓の働きを補い、老廃物や水分を体から取り除く医療行為が“透析”です。

稼働スケジュール schedule

※画面を横にスライドしていただくと
全体が見れます。

1クール
(7:30〜)
2クール
(12:15〜)
3クール
(〜18:00)

仕事帰りに夜間透析

日中はお仕事をされている患者さんを対象に、月曜日・水曜日・金曜日の夜間に透析を実施しています。17:00から18:00までに当院の透析室にお越しいただければ、夜間の透析を行うことができます。夜間透析をご希望の方は当院にお問合せください。

0761-22-0751

特色・特徴 feature

無料送迎

当院の人工透析をご利用の方をご対象に、無料送迎を行なっています。詳しくはこちら

腎臓リハビリ

当院では、運動不足の解消として透析中の運動として、ベッドに寝た状態で自転車こぎ運動をする下肢エルゴメーターを推奨しております。詳しくはこちら

合併症対策

内科の専門外来が多いので、合併症の検査など併せて受診いただけます。また、管理栄養士による栄養指導や、リハビリテーション科による運動療法などの合併症対策を行なっています。万が一、合併症が発症しても、専門外来と迅速に連携を取り、治療にあたります。

オンラインHDF

従来の血液透析よりも毒素の除去効率が良いとされているオンラインHDFを当院では行なっています。詳しくはこちら

旅行透析(臨時透析)

当院では、旅行などで石川県にお越しの方への旅行透析(臨時透析)を行っております。詳しくはこちら

安全な透析治療

水質管理を厳正に行い、超純水を使用した透析を提供しています。

入院透析

入院が必要となった患者さんにも透析を行います。当院の診療科と連携し、患者さんの健康管理情報を共有しています。

シャント管理

1年に数回、シャントエコーやシャント造影を実施しています。シャントに不都合が生じた場合には、経皮的血管拡張術(PTA)などで速やかに対応いたします。

人工透析概要

透析室

透析監視装置:24台 / 患者数:90名 (2019年3月現在)

スタッフ

医師(透析・腎臓内科):5名 / 看護師:9名 / 臨床工学技士:7名 / 補助者:2名 (2019年3月現在)

無料送迎

当院の人工透析をご利用の方を対象に、無料送迎を行なっております。お時間や距離など柔軟にご対応させていただきます。

お問合わせへ

運動療法

腎臓病や透析医療による身体的・精神的な負担を軽減させ、より充実した日常生活を送るために行う、透析患者さん向けに腎臓リハビリを行います。リハビリスタッフのみならず、医師や看護師、管理栄養士と連携しながら患者さんの日常生活をサポートします。

透析中のエルゴメーター

オンラインHDF

オンラインHDFは、当院でも使用しているウルトラピュアな透析液を、何十リットルと体内に入れ、それと同量の水分を機械を使用して除水することで、大量の毒素を除去するという治療法です。この治療は関節痛やレストレスレッグ症候群などに効果があると言われています。またそれ以外にも、透析中の低血圧の改善なども見込めます。

旅行透析(臨時透析)

小松での透析先を探している方は、下記からお問い合わせください。透析場所の空き状況などをふまえて相談させていただきます。加賀温泉をご旅行中の方などに多くご利用いただいています。

透析患者さん向けの勉強会

患者さん・ご家族の方を対象に勉強会を開催しています。

  • 災害時の生活方法・避難方法

  • 食事(栄養管理)

  • 運動療法

  • 合併症

関連リンク : 金沢大学附属病院NPO Team DiET国際メディカルフットケア協会IMO 国際医療協会がんとむきあう会